自動車リサイクル法って何?
ゴミを減らし、資源を無駄にしないリサイクル型社会をつくるために、自動車メーカー・輸入業者、関連事業者、クルマの所有者、それぞれの役割を定め、クルマのリサイクルを進める法律です。クルマの所有者の皆様には、リサイクル料金のお支払いをお願いします。
※原則としてすべての四輪自動車が対象です(トラック・バスなどの大型車、商用車も含まれます)。
へぇ、クルマのリサイクル法が始まるんだ。で、リサイクル料金って、いくらなの?
クルマのメーカー、車種によって、1台ごとに違います。シュレッダーダストの発生見込量やフロン類・エアバッグ類の装備状況などによって決まるんです。具体的な金額は、自動車メーカー・輸入業者各社が公表していますので、各社のホームページなどでご確認ください。
【シュレッダーダスト】クルマの解体・破砕後に残るプラスチックくずなど。
【フロン類】カーエアコンの冷媒。オゾン層破壊・地球温暖化の要因となるので適正処理が必要。
【エアバッグ類】安全な処理には専門的な技術が必要。
ふ〜ん、料金はクルマごとに違うんだ。リサイクル料金はいつ払えばいいの?
リサイクル料金は来年(2005年)1月以降にお支払いいただきます。来年1月以降に新車を購入する時は購入時にお支払いください。今お乗りのクルマは来年1月以降の最初の車検時までに、車検を受けずに廃車する場合は廃車時に、お支払いをお願いします。
なお、車検時や廃車時のリサイクル料金の支払いは、整備事業者などに代行を依頼することができます。この場合、リサイクル料金とは別に手数料や費用がかかることがあります。
※来年2月1日から、クルマの登録・車検の際に国がリサイクル料金の支払いを確認します。リサイクル料金が支払われていないと、クルマの登録・車検が受けられないため、道路を走らせることができなくなります。
※リサイクル料金は国の指定を受けた資金管理法人である(財)自動車リサイクル促進センターが安全・確実に管理します。
えっと、クルマ一台に対して、リサイクル料金は一回払えばいいの?
クルマを売ったりしたら、リサイクル料金はどうなるの?
資金管理法人(財)自動車リサイクル促進センターへのリサイクル料金の支払いはクルマ1台につき原則1回限りです。また、リサイクル料金が支払い済みのクルマを、廃車ではなく中古車として売った場合は、車両価値金額に加えて、支払っていたりさいくる料金を中古車売買代金の中に含めて、次の所有者から受け取ることになります。
※なお、リサイクル料金支払い済のクルマを中古車として輸出した場合は、一定の手数料を差し引いた上で申請に応じて支払っていたリサイクル料金が資金管理法人から返還されます。
ってことは、見かけ上は廃車をする人がリサイクル料金を負担したことになるんですね。
ところで、私たちが支払うリサイクル料金って結局何に使われるの?
クルマのリサイクルの障害になっているシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類のリサイクルと適正処理のために使われます。また料金の一部は、リサイクル料金の管理や、廃車処理の情報管理にも使われます。大切な地球環境を守るために、クルマの所有者に果たしていただく重要な役割だということにご理解をお願いいたします。
地球環境を守るのは、私たちひとりひとりの役目だもんね。
ところで、クルマを廃車にする時に何か気をつけなければいけないことはあるの?
クルマを廃車にする時には、自治体の登録を受けた取引業者に渡してください。この時に車検の期間が残っている場合は、申請により残期間に応じて自動車重量税が還付されます。




くわしくはhttp://www.jarc.or.jp
電話でのお問い合わせは自動車リサイクルシステムコンタクトセンター
(コールセンター)03-5673-7396
Copyright(c)JU-ishikawa. All Rights Reserved .